ピンボール 通勤金太郎

トップページ > プレスリリース 2023年 >; LNG船員の配乗合弁会社をインドネシアに設立 ~LNG輸送船隊拡大に向け安定的な船員確保へ~

LNG船員の配乗合弁会社をインドネシアに設立
~LNG輸送船隊拡大に向け安定的な船員確保へ~

2023年10月10日

株式会社商船三井(社長:橋本 剛、本社:東京都港区、以下「商船三井」)とPT Humpuss Maritim Internasional Tbk.グループ(註1)の船員配乗会社PT MCS Internasional(代表取締役社長:Johan Novitrian、本社:インドネシア・ジャカルタ、以下「MCSI」)は、2023年8月にインドネシアにおいて新たにLNG船員の配乗合弁会社「PT McMOL Crewing International」を設立しました。同社は、2024年4月からの運営開始を予定し、主に商船三井グループのLNG船隊向けにLNG船員を配乗します。

LNG輸送船の運航には、LNGのハンドリングができる資格を有する船員の配乗が必須となります。LNGは、環境にやさしいクリーンなエネルギーであり、商船三井グループでもLNG輸送船を更に拡大していく中、この度の配乗会社設立は、世界的な懸念である船員の安定的な確保に貢献します。

1986年にインドネシアにHumpussグループと船舶管理会社 PT Humolco LNG Indonesiaを設立後、商船三井は、インドネシア人船員の育成にも力を注いできました。今後は、長年商船三井グループの運航船に船員を供給してきたMCSIの知見と、世界最大級のLNG船保有・管理会社として商船三井がこれまでに培ってきたノウハウ、ネットワークを活かして、今後もお客様のニーズに的確に応えた高品質なLNG輸送サービスを安定的に提供できるよう、積極的に取り組んでいきます。

(註1)インドネシアにて海運・オイルトレーディングを手掛ける。

2023年9月26日に実施した商船三井本社での署名式の様子
(左よりPT Humpuss Maritim Internasional President Director Tirta Hidayat氏、当社常務執行役員 濱崎 和也、
MCSI Director Johan Novitrian氏、当社常務執行役員 谷本 光央)

【MCSI概要】
社名:PT MCS Internasional
代表者:Mr. Johan Novitrian (Director)
設立:2012年7月
住所:Granadi Building 4th Floor, Jl. H.R. Rasuna Said Block X-1 Kav. 8-9, Jakarta

【新会社概要】
社名:PT McMOL Crewing International
代表者:Mr. Johan Novitrian (President Director)
設立:2023年8月
運営開始:2024年4月 (予定)
住所:Granadi Building 5th Floor, Jl. H.R. Rasuna Said Block X-1 Kav. 8-9, Jakarta


商船三井グループが設定した5つのサステナビリティ課題
商船三井グループでは、グループビジョンの実現を通じて社会と共に持続的な発展を目指すための重要課題として「サステナビリティ課題 (マテリアリティ)」を特定しています。本件は、5つのサステナビリティ課題の中でも特に「Safety & Value-安全輸送・社会インフラ事業を通じた付加価値の提供-」、「Environment -海洋・地球環境の保全-」、「Human & Community-人の活躍と地域社会の発展-」にあたる取り組みです。